気軽に、本格的に。将棋に親しめる「えんだい将棋教室・クラブ」

「最高の頭脳ゲーム」「盤上の格闘技」等々と評されてきた将棋は、
子供から大人まで、初心者から高段者まで
誰もが楽しめる奥深い日本文化です。
NPO法人えんだいでは、
初心者から有段者まで学べる子供向け将棋教室と
60歳以上を対象とした将棋クラブを揃え、
将棋を通した地域社会への貢献をこれからも続けて参ります。

このエントリーをはてなブックマークに追加

ブログ一覧

連載企画:講師の皆さんに聞きました!講師アンケート⑤

『講師の皆さんに聞きました!~講師アンケート~』の連載第五弾、T先生です。
T先生、ご回答ありがとうございました!

【T先生に伺いました】
Q1.将棋を始められたのはいつ頃ですか。
―  中学1年のとき

Q2.始められたきっかけは。
―  クラスの友達の間で流行ったのがきっかけ

Q3.どのようにして強くなりましたか。
―  将棋の本。プロの将棋の観戦

Q4.子どもの頃、何か習い事をしていましたか。
―  そろばん

Q5.好きなプロ棋士を教えてください。
―  大山康晴

Q6.将棋以外の趣味はありますか。
―  旅行

Q7.教室のみんなにひとことメッセージをお願いします。
―  将棋が強くなるには、自分の指す手だけでなく、相手の気持ちになって考えられることが大切です。
その力が身につけば、将棋だけでなくいろいろな場面で応用できます

‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐
「プロの将棋の観戦」で上達。
今の時代はテレビや本・雑誌だけでなくインターネットもあって、観戦環境が整っていますね。
是非、活用したいものです。
そして、「将棋が強くなるには、相手の気持ちになって考えられることが大切」。これもまた深い!
将棋には人生のヒントがたくさん詰まっていますね…。

連載企画:講師の皆さんに聞きました!講師アンケート④

『講師の皆さんに聞きました!~講師アンケート~』の連載第四弾、N先生です。
N先生、ご回答ありがとうございました!

【N先生に伺いました】
Q1.将棋を始められたのはいつ頃ですか。
―  駒の動かし方は小学生の時。まじめに始めたのは3年ちょっと前

Q2.始められたきっかけは。
―  親子将棋教室のアシスタントのため

Q3.どのようにして強くなりましたか。
―  まだそんなに強くないです。修行中

Q4.子どもの頃、何か習い事をしていましたか。
―  なし

Q5.好きなプロ棋士を教えてください。
―  羽生善治さん

Q6.将棋以外の趣味はありますか。
―  お酒、星空観察

Q7.教室のみんなにひとことメッセージをお願いします。
―  みんなと一緒に強くなりたい

‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐
子どもの頃に覚えた将棋を、大人になってから復活させたN先生。
みんなも今しっかりと将棋を覚えれば、大人になっても忘れないことでしょう。
いつの日か、みんなが大人になったら、N先生とお酒を飲みながら将棋の話をする日が来るのか…。楽しみですね♪
保護者の方は今すぐにでも、是非!(乾杯っ!)

連載企画:講師の皆さんに聞きました!講師アンケート③

『講師の皆さんに聞きました!~講師アンケート~』の連載第三弾、K・I先生です。
K・I先生、ご回答ありがとうございました!

【I先生に伺いました】
Q1.将棋を始められたのはいつ頃ですか。
―  中学1年

Q2.始められたきっかけは。
―  同級生に王以外の駒を取られて負けたのが、とても悔しかったから

Q3.どのようにして強くなりましたか。
―  当時、書店にあった『将棋は歩から』(加藤治郎著)上・中・下3巻を何度も読みました基本はその本で学びました

Q4.子どもの頃、何か習い事をしていましたか。
―  特にしていません

Q5.好きなプロ棋士を教えてください。
― 大山康晴、羽生善治

Q6.将棋以外の趣味はありますか。
―  演劇、落語

Q7.教室のみんなにひとことメッセージをお願いします。
―  趣味のお友達は何年たっても友達です。趣味を大事にしましょう

‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐
将棋の上達法のひとつとして、「基本となる本を繰り返し何度も読むといい」という話を聞いたことがあります。
みんなも「これだ!」という本を見つけて、隙間時間に少しずつでもいいので
読む習慣をつけるようにするといいかもしれませんね。
そして、I先生の「趣味の友達は何年たっても友達」のお言葉。深いです!

連載企画:講師の皆さんに聞きました!講師アンケート②

『講師の皆さんに聞きました!~講師アンケート~』の連載第二弾、T・I先生です。
T・I先生、ご回答ありがとうございました!

【I先生に伺いました】
Q1.将棋を始められたのはいつ頃ですか。
―  高校2年

Q2.始められたきっかけは。
―  将棋部に知り合いがいたから

Q3.どのようにして強くなりましたか。
―  実践と本。将棋の本を1年間に100冊読みました

Q4.子どもの頃、何か習い事をしていましたか。
―  書道

Q5.好きなプロ棋士を教えてください。
―  特になし

Q6.将棋以外の趣味はありますか。
―  なし

Q7.教室のみんなにひとことメッセージをお願いします。
―  楽しんでがんばってください

‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐
「将棋の本を1年間に100冊読みました」、衝撃です (@_@)
扇子がトレードマークのI先生は、将棋を始められたのが高校2年の時だそうです。
スロースタートでも、年間100冊読破すればあそこまで強くなれるのですね~。 
さあ、みんなも目指そう、100冊読破! (^ ^)/

連載企画:講師の皆さんに聞きました!講師アンケート①

いつもえんだいのみんなをご指導くださっている講師の皆さん。
毎週のようにご指導くださっているけれど、「先生はいつ頃から将棋を指し始めたんだろう?」
「先生はどうやってあんなに強くなったんだろう?」と思ったことはありませんか?
そこで、『講師の皆さんに聞きました!~講師アンケート~』を企画しました。今回は連載第一弾、S先生です。
S先生、ご回答ありがとうございました!

【S先生に伺いました】
Q1.将棋を始められたのはいつ頃ですか。
 ―  中学2年

Q2.始められたきっかけは。
 ―  家の近くに肺結核の病院があり、入院患者の老人と将棋を指しに行くと駄菓子を貰えたため

Q3.どのようにして強くなりましたか。
 ―  1年間くらい日本将棋連盟公認の将棋道場で(当時は教室はなかった)

Q4.子どもの頃、何か習い事をしていましたか。
 ―  そろばん、卓球

Q5.好きなプロ棋士を教えてください。
 ―  大山康晴

Q6.将棋以外の趣味はありますか。
 ―  読書

Q7.教室のみんなにひとことメッセージをお願いします。
 ―  毎日少しずつ楽しく

‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐
S先生、将棋を始められたのが「中学2年」とは、意外ですね。
今、えんだいの生徒は小学生が中心。みんなもその若くやわらかい頭で何でもどんどん吸収しましょう!
その時は「毎日少しずつ楽しく!」ですね♪

最新情報

2018年1月29日
2月は第2週と第3週が教室お休みです
2018年1月10日
指し初め式を行いました
2018年1月4日
1月は28日のみ教室お休みです
2017年12月1日
12月は毎週活動します
2017年11月5日
11/12、19は教室お休みです
› 続きを読む