連載企画:講師の皆さんに聞きました!講師アンケート⑦

『講師の皆さんに聞きました!~講師アンケート~』の連載最終回、えんだいの大先輩 Nさんです。
Nさん、ご回答ありがとうございました!

【N先輩に伺いました】
Q1.将棋を始められたのはいつ頃ですか。
―  小学5年

Q2.始められたきっかけは。
―  祖父に勧められて興味を持ちました。

Q3.どのようにして強くなりましたか。
―  詰将棋、次の一手問題、棋譜並べはもちろん、毎週えんだいに通って対局できたのが大きかったです。

Q4.子どもの頃、何か習い事をしていましたか。
―  習字もならっていました。

Q5.好きなプロ棋士を教えてください。
― 谷川浩司九段

Q6.将棋以外の趣味はありますか。
―  野球観戦

‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐
詰将棋を知らない生徒はいないと思いますが、「次の一手」や「棋譜並べ」も上達法のひとつとしてよく耳にします。
ある程度上達したら、次の一手や棋譜並べにも挑戦してみましょう。
Nさんはえんだいの大先輩で、現在は学生さんです。
勉強やアルバイトの合間をぬって、えんだいに足を運んでくださっています。ありがたいですね。
みんなもえんだい卒業後、いつの日か後輩に会いに来てくれることを今から祈ります!

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
以上で『講師の皆さんに聞きました!~講師アンケート~』の連載は終了になります。
講師の皆様、えんだいOBのNさん、ご協力ありがとうございました。
生徒・保護者の皆さん、ブログの企画案や「今度はこんなアンケートも見てみたい」等々、
アイディアがありましたら是非、役員まで気軽に声をおかけください。お待ちしています!

連載企画:講師の皆さんに聞きました!講師アンケート⑥

『講師の皆さんに聞きました!~講師アンケート~』の連載第六弾、F先生です。
F先生、ご回答ありがとうございました!

【F先生に伺いました】
Q1.将棋を始められたのはいつ頃ですか。
―  ルールを覚えたのは小学校低学年だったと思いますが、本格的にのめりこんだのは大人になってからです。

Q2.始められたきっかけは。
―  子どもの頃、父や兄が指しているのを見てルールを覚えたような気がします。
大人になってからのめりこんだのは、身近な友人と指したのがきっかけです。

Q3.どのようにして強くなりましたか。
―  感想戦をする。詰将棋を解く。得意戦法を身に着ける。課題局面をコンピュータにかけて研究する。

Q4.子どもの頃、何か習い事をしていましたか。
―  習字と水泳。どちらも上手になれませんでした(´・_・`)

Q5.好きなプロ棋士を教えてください。
―  羽生先生、同世代なのです。

Q6.将棋以外の趣味はありますか。
―  少し昔、バスケをやっていましたが、今は庭いじり(芝生の手入れ)です。

Q7.教室のみんなにひとことメッセージをお願いします。
―  強い弱いに関係なく対戦相手に敬意を払える子は大好きです。尊敬しています。
将棋に真剣に向き合っているみんなをみていると、私ももっと上達しなければと刺激になります。
これからもよろしくお願いします。

‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐
上達法の「感想戦」。みなさん、感想戦は大事ですよ!ひと言でもいいので、必ずやる習慣をつけましょう。
そしてF先生、今度、「課題局面をコンピュータにかけて研究する」やり方を教えてください!(^^;)
メッセージの「強い弱いに関係なく対戦相手に敬意を払える子は大好きです。尊敬しています」のお言葉も、深いですね。
みんなの心に響くことを祈ります!

連載企画:講師の皆さんに聞きました!講師アンケート⑤

『講師の皆さんに聞きました!~講師アンケート~』の連載第五弾、T先生です。
T先生、ご回答ありがとうございました!

【T先生に伺いました】
Q1.将棋を始められたのはいつ頃ですか。
―  中学1年のとき

Q2.始められたきっかけは。
―  クラスの友達の間で流行ったのがきっかけ

Q3.どのようにして強くなりましたか。
―  将棋の本。プロの将棋の観戦

Q4.子どもの頃、何か習い事をしていましたか。
―  そろばん

Q5.好きなプロ棋士を教えてください。
―  大山康晴

Q6.将棋以外の趣味はありますか。
―  旅行

Q7.教室のみんなにひとことメッセージをお願いします。
―  将棋が強くなるには、自分の指す手だけでなく、相手の気持ちになって考えられることが大切です。
その力が身につけば、将棋だけでなくいろいろな場面で応用できます

‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐
「プロの将棋の観戦」で上達。
今の時代はテレビや本・雑誌だけでなくインターネットもあって、観戦環境が整っていますね。
是非、活用したいものです。
そして、「将棋が強くなるには、相手の気持ちになって考えられることが大切」。これもまた深い!
将棋には人生のヒントがたくさん詰まっていますね…。

連載企画:講師の皆さんに聞きました!講師アンケート④

『講師の皆さんに聞きました!~講師アンケート~』の連載第四弾、N先生です。
N先生、ご回答ありがとうございました!

【N先生に伺いました】
Q1.将棋を始められたのはいつ頃ですか。
―  駒の動かし方は小学生の時。まじめに始めたのは3年ちょっと前

Q2.始められたきっかけは。
―  親子将棋教室のアシスタントのため

Q3.どのようにして強くなりましたか。
―  まだそんなに強くないです。修行中

Q4.子どもの頃、何か習い事をしていましたか。
―  なし

Q5.好きなプロ棋士を教えてください。
―  羽生善治さん

Q6.将棋以外の趣味はありますか。
―  お酒、星空観察

Q7.教室のみんなにひとことメッセージをお願いします。
―  みんなと一緒に強くなりたい

‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐
子どもの頃に覚えた将棋を、大人になってから復活させたN先生。
みんなも今しっかりと将棋を覚えれば、大人になっても忘れないことでしょう。
いつの日か、みんなが大人になったら、N先生とお酒を飲みながら将棋の話をする日が来るのか…。楽しみですね♪
保護者の方は今すぐにでも、是非!(乾杯っ!)

連載企画:講師の皆さんに聞きました!講師アンケート③

『講師の皆さんに聞きました!~講師アンケート~』の連載第三弾、K・I先生です。
K・I先生、ご回答ありがとうございました!

【I先生に伺いました】
Q1.将棋を始められたのはいつ頃ですか。
―  中学1年

Q2.始められたきっかけは。
―  同級生に王以外の駒を取られて負けたのが、とても悔しかったから

Q3.どのようにして強くなりましたか。
―  当時、書店にあった『将棋は歩から』(加藤治郎著)上・中・下3巻を何度も読みました基本はその本で学びました

Q4.子どもの頃、何か習い事をしていましたか。
―  特にしていません

Q5.好きなプロ棋士を教えてください。
― 大山康晴、羽生善治

Q6.将棋以外の趣味はありますか。
―  演劇、落語

Q7.教室のみんなにひとことメッセージをお願いします。
―  趣味のお友達は何年たっても友達です。趣味を大事にしましょう

‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐
将棋の上達法のひとつとして、「基本となる本を繰り返し何度も読むといい」という話を聞いたことがあります。
みんなも「これだ!」という本を見つけて、隙間時間に少しずつでもいいので
読む習慣をつけるようにするといいかもしれませんね。
そして、I先生の「趣味の友達は何年たっても友達」のお言葉。深いです!

連載企画:講師の皆さんに聞きました!講師アンケート②

『講師の皆さんに聞きました!~講師アンケート~』の連載第二弾、T・I先生です。
T・I先生、ご回答ありがとうございました!

【I先生に伺いました】
Q1.将棋を始められたのはいつ頃ですか。
―  高校2年

Q2.始められたきっかけは。
―  将棋部に知り合いがいたから

Q3.どのようにして強くなりましたか。
―  実践と本。将棋の本を1年間に100冊読みました

Q4.子どもの頃、何か習い事をしていましたか。
―  書道

Q5.好きなプロ棋士を教えてください。
―  特になし

Q6.将棋以外の趣味はありますか。
―  なし

Q7.教室のみんなにひとことメッセージをお願いします。
―  楽しんでがんばってください

‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐
「将棋の本を1年間に100冊読みました」、衝撃です (@_@)
扇子がトレードマークのI先生は、将棋を始められたのが高校2年の時だそうです。
スロースタートでも、年間100冊読破すればあそこまで強くなれるのですね~。 
さあ、みんなも目指そう、100冊読破! (^ ^)/

連載企画:講師の皆さんに聞きました!講師アンケート①

いつもえんだいのみんなをご指導くださっている講師の皆さん。
毎週のようにご指導くださっているけれど、「先生はいつ頃から将棋を指し始めたんだろう?」
「先生はどうやってあんなに強くなったんだろう?」と思ったことはありませんか?
そこで、『講師の皆さんに聞きました!~講師アンケート~』を企画しました。今回は連載第一弾、S先生です。
S先生、ご回答ありがとうございました!

【S先生に伺いました】
Q1.将棋を始められたのはいつ頃ですか。
 ―  中学2年

Q2.始められたきっかけは。
 ―  家の近くに肺結核の病院があり、入院患者の老人と将棋を指しに行くと駄菓子を貰えたため

Q3.どのようにして強くなりましたか。
 ―  1年間くらい日本将棋連盟公認の将棋道場で(当時は教室はなかった)

Q4.子どもの頃、何か習い事をしていましたか。
 ―  そろばん、卓球

Q5.好きなプロ棋士を教えてください。
 ―  大山康晴

Q6.将棋以外の趣味はありますか。
 ―  読書

Q7.教室のみんなにひとことメッセージをお願いします。
 ―  毎日少しずつ楽しく

‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐
S先生、将棋を始められたのが「中学2年」とは、意外ですね。
今、えんだいの生徒は小学生が中心。みんなもその若くやわらかい頭で何でもどんどん吸収しましょう!
その時は「毎日少しずつ楽しく!」ですね♪

大会に参加しましょう!~連載③大会こぼれ話~

連載最終回では大会のこぼれ話を。

まずは付き添い時の必携グッズについて。

何はともあれ、暇つぶしができるものを持参しましょう。スマホでも本でも、何でもいいです。

 

次に昼食。

子どもの棋力が低いうちは残念ながら午前中に敗退することもありますが、棋力が上がってくると

午後まで勝ち進めるようになるので、そうなると昼食の用意が必要です。 

昼食休憩のタイミングや所要時間は大会の進行次第なので、お弁当を持参するか、買い出しに行くか、

という二択が多いように思います。

スポンサーがつくような大きな大会であれば、会場周辺にコンビニなどがありますが、

公民館で開催されるような大会の場合は、周辺にコンビニがないことも。

(公民館って、意外と不便な場所にあったりしますよね)

お弁当持参でない場合は、予め周辺をリサーチしておくことを強くお薦めします。

 

昼食は対局会場で盤と駒を片付けて食べたり、あるいは昼食用にスペースが開放されることも。

意外と皆さんリラックスモードで、どことなく遠足気分すら漂います。

そのうち、早めに食べ終わった子が練習対局を始めたり、将棋本を読み始めたり。

大会に慣れてくると、だんだん顔見知りが増えて他教室の子どもや保護者と知り合いになったりすることもあります。

いろいろな情報が入ってきて、それはそれでなかなか楽しかったりもします。

 

そうは言っても大会ですから、負けて泣く子もいれば、大喜びする子もいます。

多かれ少なかれ、みんなそういう悲喜こもごもを経験して強くなっていくのではないでしょうか。

見守る親の方もハラハラさせられますが、えんだい創立者の萱間治郎先生は、

「子どもは一局一局、一生懸命に戦っているんだから、負けても親は叱ったり、怒ったりしちゃいけないよ」と

仰っていました。

 

とにかくたくさんの大会に出て経験を積みましょう。

そして、そこからいろいろなことを学んで、将棋だけでなく心も強くなれるといいですね。

大会に参加しましょう!~連載②大会ってどんな感じ?~

将棋大会の雰囲気はどのようなものか。

初めての将棋大会は、子どもだけでなく親も緊張しますよね。
ここでは大会の大まかな流れについて書かせていただきます。
大会は主に3つのタイプに分けられるように思います。

①スポンサーがつくイベント色の強い大会
②子ども将棋界の日本一を決定する大会
③小さな規模で行われるローカル大会

①の場合、参加者が100人をゆうに超え、会場も大規模になることが多く、
中には撮影が入るものもあります。
プロ棋士がゲスト出演したり、参加賞がもらえたり、抽選会があったりと盛りだくさんなので、
初心者にはこのタイプから参加するのがお薦めです。

②には、プロ棋士の登竜門とも言われている『さなる杯小学生将棋名人戦予選』や
『倉敷王将戦予選』があります。地方予選を経て、エリア代表が全国大会へと勝ち進む形式で、
決勝戦はそれぞれ将棋に縁の深い土地で行われますが、予選大会に関しては、
地域の公民館などで行われることが多いです。

③は将棋連盟の県連支部が主催の『〇〇市子ども将棋大会』や、将棋教室が主催する
『〇〇将棋教室大会』など、やや小規模なものです。これも公民館などで行われます。

電車で大会に行く時におもしろいのが、駅を降りると“それっぽい”子どもを見かけること。
気づけばみんな将棋キーホルダーをぶら下げていたり、手に詰将棋の本を持って
歩いていたりするので、思わず頬が緩みます。みんな将棋が大好きなんですね。(^_-)

会場にたどり着くと、受付には既にたくさんの人が。
開場時間になると参加費を払い(無料の大会もあります)、名前・クラス・番号を確認して、
対局カードを受け取って着席。
中には着席するとすぐに練習対局を始める子どももいるので、
トイレなどは早めに済ませた方が良さそうです。
飲み物も忘れずに!
------------------------------------------------------------------------------
開会後の​​​​​​​​​​​​​流れは概ね以下の通りです。​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​

①主催者挨拶
②ゲストの話
③ルール説明
④対局開始 → 午前中に4~5局指すのが主流です。
⑤予選終了 → 敗退した子はここで帰ってもいいし、残って観戦しても。
⑥昼食休憩
⑦決勝トーナメント → ここからはサドンデス!
⑧表彰式

ケース・バイ・ケースですが、大体こんな感じ。
対局方法も大会によって​​「スイス式」「ノックアウト式」「採点式」など、​様々です。
朝から始まって、表彰式が終わるのは16時を回ることも珍しくありません。
大会の日は一日仕事ですね。親も子どももお疲れさまです!

大会に参加しましょう!

連載①:将棋大会を検索!

「大会に出ると将棋のI.Qが上がるよ」

えんだい創立者の萱間治郎先生は、常々こう仰っていました。
「教室で毎週同じ相手とばかり指していても、そう強くはならないよ。とにかく大会にたくさん出なさい。
大会に出るなら教室は休んでもいいからね」と。

 

大会という“大海原”に出ることで、今の自分の実力を知ることもできます。
そして、「世の中には自分よりもっと上がいる」という刺激を受ける効果もあります。
そう、大会は謂わば“模擬試験”のようなものかもしれません。

 

そうは言っても、将棋大会をどうやって探せばいいのか、
初心者が気軽に大会に出てもいいものなのか、親にとってはわからないことが多いですよね。
その辺りも含めて、将棋母(はは)の視点から、子ども将棋大会の雑感を書かせていただきます。

————————————————————————————————————————————

まず、どうやって大会を探すのか。
我らがえんだい将棋教室のある千葉県には、日本将棋連盟千葉県支部連合会のサイトがあります。
http://www.shogichiba.com/index.html:
ここの「大会案内」には、月間の大会情報がかなり先まで掲載されています。
千葉県内だけでなく、近県の大会情報もアップされていますので、とても便利です。

 

また、『千葉の将棋情報』というブログにもとても助けていただいています。
http://blog.goo.ne.jp/hisabisa45
こちらは大会情報だけでなく、開催の注意事項や大会の結果もアップされていますので、
私は千葉県連サイトとセットでチェックするようにしています。
さらには、埼玉や神奈川など、近隣の他県連サイトもチェック。
熱心な子どもだと、多少の距離なら遠征して大会に参加しているケースも。
中には新幹線に乗って、遠方から駆け付ける強者もいます!本当です(^^;;

 

大会の参加頻度が上がってくると、親も子もだんだん顔見知りが増えてきます。
そうなると、口コミで「〇〇の大会、知ってる?」とか、「〇〇の大会は参加費にお弁当込みだよ!」とか、
貴重(?)な情報が入ることも多々あります。
これらの情報網を駆使して、大会のスケジュールを組み立てるのです。

 

子ども将棋界では夏休みが一番の大会シーズンです。
宿題や旅行の合間を縫って、5つ・6つと大会参加する子どもも少なくありません。
将棋母同士で、「夏休みは親兄弟よりも顔会わせてるよね (^-^; 」なんて冗談が出ることも。
来年の夏休みはいくつの大会に参加できるか、今から楽しみです。